車と一人暮らしの究極の選択

車の免許を取ることができるのは18歳からですがその時にいち早く
免許を取ったのはいいもののその後運転する機会もなく6年ぐらいが
経過してしまい今や立派なペーパードライバーになってしまいました。
本当だったら大学になると同時に自分の車を買おうと思っていたのですが
大学に進学をする時に車を買うか一人暮らしを始めるかという非常に
厳しい二者択一を迫られて結局一人暮らしを選んだことがこの長い
話の始まりだったのでしょう。もちろん一人暮らしを始めてからも
車を所有する機会を虎視眈々と伺っていたわけなのですが大学に
通っていると余計な出費がどんどん増えていくのでなかなかお金が
貯まりません。しかも東京の駐車場代は自分の実家周辺の金額から
するとそれこそ目玉が飛び出すような金額が設定されているので
それだけでも家賃と合わせたりすると簡単に10万円を超えます。
ということでその頃からペーパードライバー人生が始まったのですが
これがあまりにも長すぎたせいか旅行に行ってレンタカーを借りて
運転をするともうライトの付け方はわからないし、ワイパーも
動かせないしでとても大変なわけです。今でも車を買おうとは思って
いますがその前に東京から脱出するのが先なのかもしれません。

なかなかねちっこいな・・・

すっかり忘れられていると思っていたのですがまたぶり返したようです。
いやーこうなると面倒ですね。どれぐらい面倒なのかというとちょっと
いい例えが見つからないぐらいですね。直近の出来事でいうと楽天で
買い物をしたのですが引越しをしてから住所変更をしていなかったので
昔住んでいた所に荷物が配達されてしまうということがあったのですが
それの5倍ぐらいの面倒くささだと思います。こういう場合はどうすれば
いいのですかね。小一時間ぐらい考えてみたのですがまずは対策を講じる
よりもこれ以上拡散しないようにするための手段を取ることにしました。
後はできる限りのリカバリーですね。この一ヶ月でこの辺のスキルは
かなり磨かれてきているのではないかと思います。一気にやるのは
かなり手間のかかることなのでできる限り最小限に抑えるということも
意識しながらやっていきたいと思います。それにしてもここまでやるかと
思えるぐらい徹底しているのですがそれが公平なことなら文句はないの
でしょうけど簡単に調べるかぎり人によって対応が違うところもまた
イラっとすることでもありますね。

ここ最近の出来事

ここ最近は天気が良くなっているように感じますね。できればこのまま
暖かくなってくれると嬉しいのですが。それにしても毎日のように同じ
ことをしているとさすがにちょっと飽きてきますね。これからはちょっと
趣向を変えた取り組みをしないといけないのかもしれません。本当は
自分でやるのがいいのかもしれませんがちょっと考えてみるとそれでは
いけないような気もしているのが最近です。まあ3ヶ月間ほぼ缶詰の
ような状態でやってこれたので上出来といえば上出来なのかもしれませんが
やっぱりそろそろこれも終わりにしないとこの先には進めないのかもと
実感していたりします。そのためにしなければいけないことはわかって
いるのでアクションを起こすだけですね。それが果たしてどういう結果を
生むのかはやってみないとわからないところもありますが自分の力では
限界が見えてきたのかもしれません。ただこれからするべきことは自分の
苦手な分野でもあるのでまたちょっと苦戦が予想されますね。もう少し
余裕が出てきてからでもいいのかもしれませんがそんなことを言っている
場合でもないような気がしました。目標には近づいているんですけどね。

日々の作業は面倒くさい

やっと一段落ついてきたかなと思っていた矢先に本当に面倒臭いことが
起こってしまいました。しかも原因を突き止めるのに軽く5時間ぐらい
かかったのでその日は他に何もする気が起きませんでした。ある意味
これが宿命のようになっているんだなと痛感すると共にいきなり理不尽な
ことをされたのでとある機関に対する不信感はより一層強くなるのでした。
いきなり雪崩がやってきて何もかも飲み込まれた感じでしょう。これは
早急にリカバリーに取り組まなければいけないのですが闇雲にやっても
意味がないので一つ一つ原因を突き止めながら作業をしていく必要が
あるみたいですね。一応3つ程の改善策を考えているのですがどれも
現状を大きく変えてくれるようなものではありません。とりあえずと
いう感じになってしまうでしょうね。でもやらないよりはやったほうが
いいと思うので丁寧に作業をしていきたいと思います。まあ原因は
ほとんどわかっているのですがこういうことになるとなんで自分だけ
みたいな感情が強くなってしまいますね。ただどうしようもないことは
これまでにも何度か経験しているのでその時の気持ちを思い出しながら
なんとか対処していきたいと思っている所です。